災害時の強い味方|社員の安否確認は専用システムで行なおう

Menu

企業の災害対策

会社

企業の継続的な運用の為に

現代社会において企業は様々なリスクに晒されいます。例えば、企業データやネットワークを狙ったサイバーテロや自然災害などが挙げられます。また自然災害だけとっても近年では異常気象による突然の雷雨や豪雨などそのリスクは多様化し、増加傾向にあります。特に日本は地震国家ともいわれるように、地震のリスクが非常に高い国です。2011年の東北地震や近い将来には南海トラフの地震が予見されています。そのような中で、企業は災害時にいち早く対応し、混乱を最小限に抑え事業を継続することが求められています。事業をいち早く復旧し継続するために肝要なことは、災害時に迅速に社員の安否確認を行い、責任者が適切な指示をし、それを全員に浸透させることです。さらに緊急事態への対策を首脳陣で議論する必要もあるでしょう。安否確認サービスはそのような災害時に必要な機能が詰め込まれたツールと言えます。災害発生時にまず安否確認の通知を社員・その家族に一斉に行います。その後その情報が一括され責任者の元に送られ、責任者は速やかに対策の指示ができます。確認の取れない人に関しては確認が取れるまで再度自動で送信されるものがほとんどなので、もれなく安否確認が行なえます。また、安否確認サービスの多くで掲示板機能が実装されており、災害状況の情報共有をリアルタイムで行えたり、広く現状の確認をすることができます。メールだけでなく、様々な情報伝達手段を用いることができるのも全体把握する上で非常に有効だといえます。また地震などの甚大な被害が発生する事態以外にも、大雨や大雪などの悪天候時にも出勤の可否や状況の共有など安否確認だけでない使い方をしている企業もあり、利便性の高さが伺えます。非常時に限らず企業の継続的運用に効果的である安否確認サービスを導入することは非常に現代にマッチしていると言うことができるでしょう。