災害時の強い味方|社員の安否確認は専用システムで行なおう

Menu

仕事の効率化 

チャット

無駄な作業が激減する方法

普段スマホでチャットアプリを利用する事はありますか。プライベートでは必ずといっていいほど利用すると思いますが、ビジネスシーンではどうでしょう。ビジネスマンの必需品として社内携帯、社内スマホを所持している場合が多いと思いますが、具体的にどんな使い方をする事が多いでしょうか。社内スマホでも、プライベート同様、チャットアプリを利用したり、社内メールの確認や、スケジュール管理、資料閲覧や取引先の連絡先の登録など様々な事に活用が出来ます。ただ、部署によってスケジュールの管理方法が違ったり、取引先情報の整理をしたい時には名刺管理ソフトにデータを送信し、抽出しなければならず、複数のツールを使い分けなければなりません。そんな時、一つの基盤となるデータベースに情報を入力するだけで複数のツールで共有する事が出来、尚且つ一度入力しただけのデータを複数のツールで活用出来るサービスがあればどうでしょうか。今までは他部署の社員のスケジュールが把握しづらかった状態が緩和され、打ち合わせがスムーズになります。書類一つ作成するのも、複数のツールを使って複雑な方法で書類作成していた現状から、一つのツールから書類データを作成すれば、作業効率もあがります。また、共通のデータベースがある事で、社員の情報伝達もストレスなく行え、それぞれの作業進捗をお互いに把握し、必要であれば協力するチームワークが産まれます。また、社内スマホのツールとの連携を設定していれば、スマホからデータの確認はもちろん、今まで通りチャットアプリを利用する事ができます。操作性は通常斧チャットアプリと変わらないので、簡単に扱えます。社内のデータベースを変更する事は決して簡単な事ではありませんが、根本を変える事で得られるものは沢山あると思います。