災害時の強い味方|社員の安否確認は専用システムで行なおう

Menu

企業の安全管理

ネットワーク

従業員の安否の確認

自然災害等の大災害が起きた場合に、企業は従業員の安否確認を行う必要があります。安否確認は阪神・大震災以降に様々な会社がシステムを開発し、現在は多くの企業で導入が進んでいます。機能面で大差はありませんが、導入するにあたって初期費用が30万から100万程度、月々の運営費が1万円から5万円程度が一般的ですが、導入した企業の従業員の数によって費用は異なってきます。機能としては災害が起きた場合に従業員に一斉にメールを配信しますが、そのメールから現在の安否がどうなのかを報告するシステムになっています。管理者である会社側はこの報告を集約したものを確認する事により、従業員にどの程度被害があるのかを把握する事が可能です。回答があるまでは何度も連絡を取り続けるシステムが一般的です。また特定の従業員にだけメールを配信する機能も持ち合わせており、管理職だけに指示メールを送る等、災害時を中心に活用する事で企業の混乱を最小限にとどめる事が可能となります。安否確認システムはスマートフォンやパソコン等、機械の種類を問わず利用できるようになっており、またいつ起こるか分からない災害に備えて24時間体制でメールの発信が出来るようになっている為、利便性は非常に高いと言えます。様々な会社がこの安否確認システムを開発、提供していますが、企業によって若干求める機能が違ってきますのでカスタマイズできる会社のシステムが好まれる傾向にあります。まずは複数の会社から見積もり等を取得して比較する事が必要です。