災害時の強い味方|社員の安否確認は専用システムで行なおう

Menu

コミュニケーションと方法

スマホ

アプリ選定

社員間のコミュニケーションツールとして、チャットアプリを導入する企業が増えてきている。以前は、チャットツールは個人間のコミュニケーションツールとして定着していたが、これらを業務に活用する機会が増えている。チャットツールでは、スムーズにコミュニケーションを取ることができ、メールに比べても利便性が高いということが魅力である。また、メールでは誤送信などの危険性が有るが、チャットツールでは事前に決めた社員間など範囲内でのやり取りになるため、社外への誤送信のリスクを低減できる。最近では、社員にスマホを支給し、そのスマホにチャットアプリを導入するケースもある。社員はスマホを利用し、社内もしくは外出時にチャットアプリでコミュニケーションを取ることができる。スマホ利用とすることで、社内などPC利用時以外もコミュニケーションを取ることができ、より利便性を高めることが可能になる。チャットアプリを導入する場合には、操作性の良さが重要である。特にスマホと合わせてチャットアプリを導入する場合、スマホ向けに最適化されたアプリ導入が必要である。チャットアプリでは、PC向けのアプリも多く、スマホでの操作性が良くないものもある。その為、スマホと合わせた導入を考える場合には、スマホ向けに開発されたアプリを選定することがポイントになる。また、アプリによっては機能が様々であるが、不要な機能が多いものもある。その為、必要な機能のみが揃っているものを選ぶと良い。