災害時の強い味方|社員の安否確認は専用システムで行なおう

便利なビジネスチャット

スマホ

スマホを使ったチャットアプリは若い世代を中心に定着しており、ビジネスの場でも利用が検討されます。個人向けチャットアプリはセキュリティ面で不安もありますが、ビジネスチャットはセキュリティの高さが特徴です。メールより使いやすい法人向けチャットアプリを導入した企業では、社員同士の交流が活性化しています。

詳しく見る

PICK UP

Menu

企業の災害対策

会社

現代において企業は様々なリスクに対応し、事業を継続することが求められます。そのために必要なことは、非常時の社員の迅速な安否確認と責任者の適切な指示です。安否確認サービスは災害時に必要なそれらのことを一括で行うことができます。また社内の情報共有ツールとしても優秀で、現代社会ととてもマッチしています。

詳しく見る

仕事の効率化 

チャット

スマホのチャットアプリを利用しますか。日常では勿論、ビジネスシーンでもスケジュール管理や、メールのやりとり、連絡先の登録など様々です。ただ、一つの入力で複数のツールのデータの更新が出来ず、非効率な作業が産まれます。一つの登録で複数のツールに共有出来るサービスであれば作業効率が格段に上がります。

詳しく見る

企業の安全管理

ネットワーク

安否確認システムは災害発生時に社員に対してメールを一斉配信し、安否状況等を回答してもらいそれを集約するシステムです。企業としては的確に従業員の安否確認が出来るので利用するメリットは高いですが、費用は初期費用で30万から100万円程度、また月の利用料がかかってきますが、多くの企業で導入が進んでいます

詳しく見る

コミュニケーションと方法

スマホ

企業においては、スマホを社員に支給し、それにチャットアプリを入れてコミュニケーションツールとして活用するケースがある。これらの場合には、スマホ向けに最適化されたアプリ選定が重要である。また、機能が絞られたものも使いやすいことが多い。

詳しく見る

社員の無事を迅速に把握

日本

非常時の現状を一望の下に

電話が遠距離間コミュニケーションの主流だった時代は、企業や学校では緊急連絡網を作成し、非常時等における電話連絡がスムーズに行える体制を整えていました。一方、インターネットが普及した現代にあっては、さらに機能が便利かつ多様になった連絡システムが利用できるようになっています。このような製品を、安否確認システムといいます。安否確認システムは、自然災害などの緊急事態が発生した際に、あらかじめ登録されているメンバー全員に安否確認メールを一斉発信できるシステムです。メールアドレスは1メンバーにつき複数登録できるので、連絡もれが起こらないよう万全を期すことができます。また、製品によっては気象庁の発する緊急地震速報に連動し、メールを自動送信できる機能を備えたものもあります。連絡を受けた各メンバーは、自らの現状を折り返し報告します。大変な状況下にあってもストレスなく報告が行えるよう、メール内に掲載されたURLを訪問し、選択式で回答できるスタイルを採用しているのが一般的です。報告内容は自動的に集計され、管理者の下で可視化されます。その結果に基づき、管理者は各メンバーに必要な指示を出したり、復旧計画を策定したりすることができるようになります。緊急掲示板を設置することで、さらに具体的な安否確認が行えるサービスを提供している製品もあります。援助が必要な物資や交通機関の運行状況等を自由に書き込むことで、メンバー同士の円滑な情報交換が可能になります。